ハンドメイドの型紙・作り方/Tabiusagiのパターンコレクション

基本の「き」シリーズの選択に迷われていらっしゃる方へ

いつもTabiusagiへアクセスして頂きまして、誠にありがとうございます。
この度、スタートいたしました基本の「き」シリーズについて、
お客様より、お問い合わせがございましたので、
そのご質問と回答を掲載させて頂きます。

——————————–

Q:質問なのですが、この基本の「き」シリーズのセット販売はされないのでしょうか?気になる商品ばかりなので、選びきれずにいます(;^_^A 
単品販売のみならば、やはりお勧めはNo.1でしょうか?

ポーチを作っている時の疑問点は、ファスナーのコバステッチをかけて、両脇を縫う時に、ファスナーの所の段?をそのまま無視してかけていいのか? その部分を知りたいのですが… どのNo.がお勧めでしょうか? ちなみに、洋裁経験はあります。

——————————–
↓ 以下、長文注意!
A:この度は、お問い合わせありがとうございます。
ファスナーポーチのコバステッチには下記の4通りがあり、私は以下のように考えております。

1.コバステッチを表布、内布の両方にかける
2.コバステッチを表布のみ、にかける
3.コバステッチを内布のみ、にかける
4.コバステッチをどちらにもかけない

それぞれ、場合により、1から4のいずれかを選択して作ることになるのですが、1番が、実は最も基本的な選択です。
通常の生地で普通に縫製する場合は、これを選択することになります。
しかし、Tabiusagiへも時々、お問い合わせがあるのですが、仕上がり時の両側部分が「ヘ」の字になってしまう、キレイにラインが出ない、布が細かく重なってグシャッとなってしまうなど、仕上がりに納得がいかない方が多いのが現状のようです。
ネット上や本では、この縫製方法によりキレイに仕上げるための詳しい情報が、比較的少ないためではないかと思われます。

2番は、内側をふんわりさせたい場合でキルト芯を入れている時、例えば、CDケースやゲーム端末、タブレットなど、壊れやすいものを入れたり、内側に全横幅の仕切りやポケットをつけている場合、柔軟性を持たせるため、しわや歪みを出にくくするために、この方法で作る時があります。
本やネット上などでは、どちらにもコバステッチをかけないか、または、この2番の方法の手順で紹介されていることが殆どです。

続いて3番ですが、これは表布にウール地やニット生地など、ふんわりさせたい生地を使用する場合に選択します。表布にコバステッチをかけてしまうと、せっかくのふんわり感が失われてしまうからです。とはいえ、内布側にはかけておかないと、ファスナー開閉時に布を巻き込んでしまったりする可能性があるので、内側のみ、コバステッチをかけます。

最後に4番ですが、どちらにもコバステッチをかけない、という選択は、入れ口にタックやギャザーを入れるなどして、意図的にコバステッチをかけず、全体的にふんわりさせる場合です。
もちろん、タックやギャザーがあっても、好みによって、かける方はいらっしゃるとは思いますので、必ず、ということではありません。ですが、私個人的には、そういった意図的な理由がないならば、出来れば1から3のいずれかで作る方が良いと思います。

この4種類のコバステッチのかけ方については、今回の基本の「き」シリーズNo,1とNo,2のみ、上記の4種類すべての縫製手順を記載しておりますので、自分は何となくモヤモヤして完全に理解できていないなぁ~と思われる場合は、やはり、No,1とNo,2を攻略されることをオススメいたします。
ちなみにNo,3とNo,4については、上記1番の縫製方法のみです。

また、基本の「き」シリーズNo,1とNo,2では、マチなし、マチあり(ポケット付)の違いがありますが、型紙の形状がまったく異なるため、縫製手順も異なりますし、当然、キセのかけ方も違ってきます。そのため、No,1とNo,2に分けて作りました。

また、ファスナーのコバステッチをかけて両脇を縫う時に、ファスナーの所の段?をそのまま無視してかけていいのか? のご質問の回答ですが、ファスナーの所の段、というのは中央部分のファスナーの上止め金具、下止め金具がある両側の脇のことかと思いますが、それは、コバステッチを、上記でご説明した1から4のどれを選択して作るか、によって方法が異なります。
つまり、1番を選択した場合は、このような状態にして折って、このように、ここからここまで縫う、同じく2番の場合はこうする、のように、それぞれの選択で異なりますので、どんな時も、どんなものでも、ある1種類の縫製方法で作る、ということはありません。

この縫製手順についても、すべての種類で正しく作ることが出来るようになる事が目標であれば、No,1とNo,2が必要です。もちろん、目標や目的というのは、個人でそれぞれ違うと思うのですが、布小物を1からしっかり学んでみたい、好みのデザインのパターンがあれば、その作品だけをキレイに作りたいなど、前者であれば、No,1から順番に作れば、より理解しやすいと思いますし、後者の目的でしたら、好きなものをチョイスして頂ければと思います。

次に「キセ」についての考え方ですが、内布を少し小さめに作ることは、必ずしも必要でない場合もあります。例えばTabiusagiのその他の作品パターンにおいても、その作品のデザインによって、また、どのような生地で作るかが限定されている場合、そして何より、最初から内布の型紙を少し小さくしている場合もあります。

ですので、いつも必ずそうしなければならないのではなく、「知っておくこと」が必要ではないかと
思っています。

本やネット上の作り方を見て作ったけれど、内側がどうもダブつく、シワが出来てしまう、そういった場合に、調整して縫製する方法を知っていれば、自分で改善することが出来るようになるのです。
※縦幅だけでなく横幅についても同様に行う必要があります。

ただし、その方法は、先に書きましたようにデザインによって異なります。「もの」によって違いますので、例えば、角がカーブしているデザインと、90度の角のものでは詰め方がまた違ってくる、ということです。
つまり、No,1とNo,2では、方法が違うので、こういう点についても、自分には攻略の必要があると思われる場合、まずはNo,1とNo,2をご検討下さい。

今回、どうして基本の「き」シリーズを作ったのか、その理由ですが、Tabiusagiには、いろいろな「お悩みごと」のご相談メールを頂くのですが、その中で多いご質問として、ファスナー端の折り返し方法や縫い代のこと、ミシン押さえの使い方など・・・etc

本やネット上の作り方を見ておりますと、確かに製作手順というものは、あくまでも作り方の手順なのであって、細かいコツのようなものは、「暗黙の了解」といいますか、そうすることは「当たり前」なので、作り方手順にいちいち書いていない、という部分が、本当に多くあります。
その「当たり前」のことや、なぜそこでそうするのか、という理由、そういった点について、新たに徹底解説する必要があるかもしれない、と感じたからです。
なお、布小物の縫製全般の基礎的なことは、ポーチに網羅されていると思っているので、ポーチをテーマにスタートしております。

セット割引については、既にお問い合わせも頂いておりますが、基本の「き」は、これからNo,5、No,6と続いて参りますので、今後また割引等の検討は必ず行いますが、今回のシリーズの、特に重要なことが記載されている基礎No,1~No,4につきましては、今後も現状価格となります。
なお、今後No,5、No,6と続く中で、無料の番外編も企画し、その準備を進めております。
何卒、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

長文になりましたが、基本の「き」シリーズにつきまして、
内容のご理解と選択の目安としてお役にたてましたら幸いです。

Tabiusagi

Tabiusagi

Tabiusagiでは、ショップの新作や、最新情報をお知らせするニュースレター配信を行っています。メールアドレスを入力するだけのカンタン登録ですのでお気軽にどうぞ♪

Recommend item

あなたの[お気に入り]リスト

  • 登録された記事はありません
FavoriteLoadingリストを消去する

[ お気に入り ]はブラウザのCookieを利用しています。 Cookieを削除すると、リスト内容はすべて消去されます。

ニュースレター配信を登録

  1. 直線・浮足兼用長財布

    バイアスなし☆直線/浮足どちらも装着可能な長財布(3面仕切り/作り方と型紙)

    兼ねてより、既存の直線口金の長財布(3面仕切り)に浮足口金は装着出来ないのでしょうか?と、お客様から…
  2. バネホックボタン

    バネホックボタンの取り付け方

    バッグの開閉、コインパースの開閉、お財布など、開閉に強度が必要なものは、リングスナップよりもバネホッ…
  3. リングスナップボタン

    リングスナップボタンの取り付け方

    布小物作りにはマグネットボタンが人気ですが、磁気などが気になる場合は、リングスナップボタンが活躍しま…
  4. ハンドメイド 作り方/レジ袋 バッグ

    縫って返して作る★マチたっぷりお買い物バッグ(作り方と型紙)

    スーパーのレジ袋、有料になったスーパーも多くなりましたが、皆さんも、マイバッグをお使いでしょうか?こ…
  5. アコーディオン カードケース

    カードケース(ボタンor差込錠)アコーディオンタイプ(作り方と型紙)

    アコーディオン(蛇腹)タイプのカードケースです。お買い物に出かければ必ず「当店のカードお持ちですか?…
minne minne/Tabiusagiのギャラリー
/購入者様が寄せて下さったレビュー・コメント一覧

ペイパル決済
  1. 基本の「き」No,1
    新たにスタートしました基本の「き」シリーズのNo,1、ファスナーポーチのパターンです。単なるポーチと…
  2. マチ付きファスナーポーチ
    前回よりスタートしました基本の「き」シリーズのNo,2、今回はマチあり、内ポケット付ファスナーポーチ…
  3. タック シェルポーチ
    基本の「き」シリーズのNo,3、今回はNo,1、No,2からの応用アレンジで底辺にタックを入れて立体…
  4. 基本の「き」No,4
    基本の「き」シリーズのNo,4、今回はファスナーを2本使ったフロントポケットタイプのWファスナーポー…
  5. ティーコゼ
    基本の「き」シリーズの、今回は番外編のNo,1です。 最近、紅茶にハマっている私、これまでは、あま…
  6. ギャザーポーチ
    基本の「き」シリーズのNo,5、今回のテーマは「ギャザーです。表布のフロントと背面に飾りギャザーを寄…

ご注文の流れ

長財布 レシピ
ページ上部へ戻る